賃貸6畳の部屋でもプロジェクターとスクリーンは設置できる

できます。あきらめないで。

目次

我が家のプロジェクター

設置の都合上真正面から投影することが難しかったため、斜めから投影しても高さや角度を細かく調整できるものを選びました。

壁に穴を開けずにスクリーンを設置する方法

スクリーンは、壁のボコボコが気にならないなら必要ないので、まずは壁に写してみてから購入を検討すればいいと思います。

必要な道具(各2個)
・2×4角材
・ラブリコ
・フック

①まず、角材にフックを取り付け(ドライバーで無理やりねじ込んだ。)ます。

②角材をラブリコで突っ張らせます。

③フックにスクリーンをひっかけます。

これだけ。

[amazon asin=”B008AM2K3K” kw=”オーエス 掛図スクリーンHD80型 マスクなし SMH-080HN-WG107″]

[amazon asin=”B01HTRVZ0A” kw=”平安伸銅工業 LABRICO DIY収納パーツ 2×4アジャスター オフホワイト DXO-1″]

一年ちょっと使用して落下等のトラブルはありませんでした。

予算があればドローアラインでの設置がおすすめ

上記の方法は安く済むんですが、見た目の圧迫感と引っ越しの際の角材の処分が面倒なのがデメリットです。

予算もうちょっと出せるよ!という方にはドローアラインシリーズをお勧めします。

DRAW A LINE(ドローアライン)
¥6,050 (2021/05/30 21:48時点 | Amazon調べ)

・見た目がスタイリッシュ
・引っ越して天井の高さが変わっても使い回せる
・設置が簡単

といいことづくめです。

6畳でも大画面は手に入る

上記の方法でスクリーンを設置し6畳の部屋で使用した場合、80インチ弱で写せました。

大画面で見る映画やライブは想像以上に最高です。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

映画とお酒が大好きです。大雑把です。

コメント

コメントする

目次
閉じる